読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEKA NOTE

冥加顕加と、忘却防止の行動記録

【美術】銀象嵌銘大刀

美術展 2017/01 刀剣関連

 

 

f:id:mekax:20170104160347j:plain

…*☆*………………………………………

 

国宝 銀象嵌銘大刀  江田船山古墳出土 古墳時代

 

折角、東博に来たのだから……と、 

一番好きな場所、考古展示室へ。 

で、今日のテーマはカタナなので、 

やっぱり国宝「銀象嵌銘大刀」を思いのままに鑑賞です。

 

www.tnm.jp

 

 

f:id:mekax:20170104160357j:plain

 

うん。美しい。古墳時代の太刀。

 

さて、この太刀には文字があります。

 

台(治)天下獲□□□鹵大王世、奉事典曹人名无□(利ヵ)弖、八月中、用大鉄釜 并四尺廷刀、八十練、□(九ヵ)十振、三寸上好□(利ヵ)刀、服此刀者、長寿、子孫洋々、得□恩也、不失其所統、作刀者名伊太□(和)

 

この、獲□□□鹵大王世が、どなたなのか?

 

って話しですね。古代ロマンです。古代ミステリーです。この太刀が出土した古墳の周囲では、

 

石人が配置されているようですが、

 

石人といえば、筑紫国磐井です。

筑紫国磐井の反乱は教科書にありますから、

詳しくは説明しませんが、その筑紫国の地域の中首長であろう古墳から、

 

出てきた……大和政権は九州を支配しているぞとしていた、

 

証しの太刀です。

 

f:id:mekax:20170104160436j:plainf:id:mekax:20170104160451j:plain

 

獲□□□鹵大王世ですが、

 

おそらくはワカタケル大王と読み、

雄略天童ではないか?

と、推定されています。磐井の反乱が、第26代継体天皇の御代ですから、

 

第21代雄略天皇から5代ほど経ってからの反乱ですね。

 

磐井は珍しく墓も特定され、

本人は、日本書紀古事記風土記にも記録されている、

 

実在の人物です。

 

f:id:mekax:20170104160505j:plain

 

ま、その、磐井の時代より前の神話同然の時代の太刀が、

よく出土しました! すごいって話しです。

 

また、こうして古墳時代の刀の鑑賞する機会を得ることで、

あらためて日本刀の成りたちに思いを馳せる、

時間ができます。

 

刀には戦道具以外の役割が、

雄略天皇の御代からあったということ。

 

雄略天皇の時代の大和政権の勢力範囲もわかるしね。

 

(めかは十年単位の雄略天皇押しです)

 

このBlogを読まれた後に、

もし、刀剣目当てで東博に来られた方がいましたら、

 

「銀象嵌銘大刀」も鑑賞していただたら……と願います。

 

2017/01/05 めか

 

 

mekax.hatenablog.com

 

 

〓★〓★〓★〓★〓 MEKA 〓★〓★〓★〓★〓