読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MEKA NOTE

冥加顕加と、忘却防止の行動記録

マリー・アントワネット展とグランドハイアット東京のアフタヌーンティー

 

  

f:id:mekax:20161223135045j:plain

…*☆*………………………………………

 

ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展|日本テレビ

 

森アーツセンターギャラリーで開催されている、

マリー・アントワネット展に行きました。

 

f:id:mekax:20161223135430j:plain

 

館内では、撮影OKな場所もあります。マリー・アントワネットの幼少期から、

最後まで……なんだかお腹いっぱいになる、

(良い意味で充実していた)内容でした。

 

美術展によく行きますが、

音声ガイドは好きじゃありません。が、今回は、花總まりさんだがら聴こうよー、

と、友人のススメに、平川大輔さんだからという理由で、

聴くことにしました。幸せでした。落ち着けたし。

人が興味をもつ箇所は其々ですからね。

 

午後3時からは、グランドハイアット東京でのアフタヌーンティー。

 

restaurants.tokyo.grand.hyatt.co.jp

 

f:id:mekax:20161223140354j:plainf:id:mekax:20161223140726j:plain

 

ニナス(NINA’S)の紅茶「オリジナル マリー・アントワネット ティー」

(購入済)も良かったですが、

 

なんといっても、

 

マリー・アントワネットが食したといわれている

秘伝のレシピをホテルに特別にご提供いただき

再現した「マリー・アントワネット アンティークケーキ」

 

f:id:mekax:20161223140743j:plain

 

です。むちゃくちゃ期待したし、期待を超えて美味しかった。

 

高揚感と、アントワネットの人生を詰め込んで、

 

味になったそんな感じ。

 

アフタヌーンティーとしても、

ゆったりとした、お値段以上の時間があたえられて、

 

味の幸せを身体に落とし込めます。

 

幸せや運の極意には、

ゆったりとした合間の時間に“感じる”ことが不可欠ですから。

その時間に幸せや運に代表される“なんか好いもの”が、

内側から外側に運ばれて、

 

やがて現実という現象になる

 

……ような気がします。少なくても、めかにはそんな時間が大切で。

 

必要なものです。

 

2016/12/23 めか

 

〓★〓★〓★〓★〓 MEKA 〓★〓★〓★〓★〓